1. TOP
  2. 高校生向け教材No.1は!?「Z会」「スタディサプリ」「進研ゼミ」を完全比較!

高校生向け教材No.1は!?「Z会」「スタディサプリ」「進研ゼミ」を完全比較!

2017/11/09 通信教育
この記事は約 9 分で読めます。

 

高校生には学校以外での学習が必須です。

大学進学を志望している人なら尚更です。

その際に多くの人が「塾」「予備校」「通信教材」などを利用するわけですが、それぞれにメリットやデメリットがあり、人によって合う合わないがあります。

 

さて、今回はその中から「通信教材」についてご紹介していきます。

通信教材一つ取ってみても沢山の会社がサービスを提供しており、当然ながら人によって合う合わないがあります。

選んだ教材によって志望する大学に入れるかが変わってくることさえあるでしょう。

そこで今回の記事は、代表的な3つの通信教材を比較する内容にしてみました。

3社を比較して、貴方はどんなサービスに魅力を感じるでしょうか。

通信教材の受講を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

今回比較する3つの通信教材

通信教材は非常に多くの物がありますが、高校生向けの物で今高い評価を受けているのは下記の3つで間違いないでしょう。

今回はこの超強豪の3教材を徹底比較し、あなたが使うべき教材はどれなのかを判断できるように解説していきたいと思います。

 

Z会

増進会出版社が提供する通信教材です。

毎月届けられる冊子教材に取り組んでいく形の添削式通信教育になります。

iPadスタイルというiPadを利用する形式で受講することもできます。

とにかく大学受験に強く、大学入試の2017年度合格実績が東京大学1,100人、京都大学924人と、最難関大に合格者を多数輩出しています。

 

スタディサプリ

リクルートが提供する通信教材です。

スマホやタブレットを使って映像授業を受講する形式の教材です。

月額980円で映像授業が見放題という手軽さが売りです。

 

進研ゼミ

ベネッセコーポレーションが提供する通信教材です。

毎月届けられる冊子教材や、スマホを使ったアプリや映像授業で学習できます。

指導実績40年以上と3社の中で最も歴史が古く、その分データやノウハウが豊富に蓄積されており、それを活かした教材やサービスが多くあります。

 

通信教材のメリット・デメリット

共通するメリット

いつでも取り組める

通信教材なので、時間を指定されることなくいつでも取り組むことができます。

部活や習い事の関係で、時間的に予備校や塾に通えないという人でも空いてる時間で学習できます。

途中で中止してまた途中から開始することもできますし、出かける前や夕食の前などのちょっとしたスキマ時間で取り組むこともできます。

 

どこででも取り組める

通信教材は自宅に届けられた教材を使って、あるいはスマホやタブレットで学習しますので、取り組むのに場所を選びません。

近くに良い塾や予備校がない場合でも、自宅や学校などを使ってそれらと同等かそれ以上の学習をすることができます。

 

自分のペースで取り組める

「この日のこの時間は絶対にこれをやりなさい」と誰かに強制されることがなく、自分の好きなペースで取り組むことができるのも大きな特徴です。

カリキュラムがある場合でも、基本的には自分のペースで進められます。

 

スマホやタブレットを活用

スマートフォン全盛の今、9割以上の高校生がスマートフォンを所持しています。

こと勉強においても、これほど小型で高度なデバイスを利用しない手はありません。

映像授業や学習アプリなどを片手に、移動時間などを利用して気軽に学習できます。

 

塾や予備校より安価

通信教材は実際に教室で授業を行う必要がない分、塾や予備校より安価に利用することができます。

 

講師の個性に振り回されない

人が直接指導しないので、強烈な個性の講師に当たってしまうということもなく、講師と合う合わないといった理由でモチベーションが左右されません。

基本的には均一な教材・指導で学習ができます。

 

共通するデメリット

全般的に自主性を要する

「自分のペースで取り組める」というのは、人によってはデメリットにもなるでしょう。

すでに学習習慣が身についている人や、「毎日これだけ勉強する」と決めたらそれを継続できる人には通信教材は向いています。

 

しかし学習習慣がない人にとって、通信教材は強制力が弱すぎます。

誰にも強制されることがなく、また受動的であるがゆえに進学情報を仕入れる機会が減り、勉強に対するモチベーションが保てなくなってしまいます。

 

均一な教材ではプラスアルファが得られない

全員同じ教材を使うがゆえに、どんぐりの背くらべのように周囲と同じような成績にしかならないことがあります。

試験で合格点を取るには、プラスアルファで個別に傾向と対策を練る必要があるのです。

 

勉強が機械的な作業になる

非対面である分、一人でただ解説を読んで問題を解いて答え合わせをして……といった学習になってしまいます。

自ら勉強のモチベーションを見出だせる人ならいいのですが、そうでない人には通信教材は苦痛かもしれません。

 

学習相談や進路相談のしにくさ

基本的に、対面指導に比べたらあらゆる面でサポートが手薄です。

対面なら聞けばその場で回答がもらえる事でさえ、誰かもわからない相手に時間をかけて相談する必要があるのです。

 

三社のデメリット解消法

デメリットの解消策で教材の個性が出る

通信教材のメリット・デメリットについて上述しましたが、では、3社はどのようにしてデメリットを解消しているのでしょうか。

教材を比較する上で、デメリットの解消策を見ると教材の個性が見えてきます。

各社がデメリットをどういった価値観で捉え、どのような取り組みで解消しているかという事は、自分に向いているか向いていないか判断するのに大いに役立ちます。

 

Z会

Z会は最初から自主性がある人、大学進学に対して高いモチベーションを持っている人の方を常に向いています。

その分、すでにモチベーションが高く学習習慣が身についている人にとっては、大学進学を志すうえで最高の選択肢と言えます。

そしてそういう人にとっては、添削の際にもらえるコメントや、豊富に届けられる受験情報冊子によってますますモチベーションを高めることができるでしょう。

 

教材は均一ではなく、レベル別・志望大学別に複数のコースに分かれているため、常に自分に合った学習をすることができます。

大学合格のために必要な講座があったら、どんどん追加受講していくこともできます。

 

レベルが高くて良問ばかりと評判な教材ですが、添削以外で人と関わることはほとんど無く、進路や学習についても相談したいという人にはやや物足りないかも知れません。

なお、通信教育ではない「コーチャーズ」を受講すれば(「Z会の通信教育」とは別料金)、基本サービスである映像授業やオンライン個別指導のほか、学習計画の相談や進路決定のカウンセリングなどの便利なサービスを受けることができます。

 

スタディサプリ

スタディサプリは映像授業教材ですが、受講者には個別に「担当コーチ」が付きます。

担当コーチは大学合格まで長期間様々なサポートをしてくれると評判のサービスです。

志望校合格までの学習計画を作ってくれ、毎週「今やるべき学習」を教えてくれ、質問や相談にも乗ってくれます。

継続できるか不安な人やモチベーターが必要な人にとって、心強い存在となるでしょう。

 

映像授業なので授業内容自体は均一ですが、自分に合ったレベル・講師の授業を自由に受講できます。

大学ごとの対策講座や過去問も無制限に見られます。

何せ定額料金で10,000を超える授業動画が見放題なのですから、必要な講義があったら気軽にどんどん追加受講していくといいでしょう。

 

進研ゼミ

進研ゼミには「赤ペンコーチ」という評判のサービスがあり、スマートフォンでLINEのメッセージのようにしてコーチとやりとりできます。

学習計画の相談や進路カウンセリングはもちろん、受講状況によって「最近勉強してないようだけどどうしたの?」といった連絡も届きます。

これのすごいところは、生徒の性格や価値観、成績や志望大学を考慮して接してくれるというところです。

また、勉強の内容に関する質問はWebででき、翌日には回答が返ってくるという迅速さが売りです。

 

進研ゼミの教材は均一でなく、個別にカスタマイズされた教材が届きます。

40年以上にわたる指導実績と、どの高校にも進研ゼミ会員が一人はいるという圧倒的なデータ量をもとに、レベル別・高校別の教材が届くのです。

定期テスト対策の教材では通っている高校で出やすい問題を多く扱い、大学受験対策教材ではその大学を徹底的に研究して厳選されたテキストが届けられます。

苦手単元が判明すれば先述の赤ペンコーチから対策法が送られてきたりもします。

進研ゼミ会員に「どんぐりの背比べ」は無いと言えます。

 

どんな人に向いているか

Z会

ハイレベルな大学を志望していて、そのモチベーションを維持することができる人に向いています。

そういう人にとっては、教材の質を考えるとベストな選択肢と言えます。

予備校に通う手間も時間も省け、それ以上の学習ができるわけですから。

 

スタディサプリ

またの名を「受験サプリ」と言うように、大学受験を考えている人向けです。

担当コーチが二人三脚で大学合格までサポートしてくれますので、モチベーターにも困りません。

映像授業形式の通信教材の中でも料金が手頃なので、気軽に映像授業を受けてみたいという人にもオススメできます。

 

進研ゼミ

とにかく「赤ペンコーチ」が秀逸なサービスなので、通信教材に魅力を感じていても続ける自信がないという人にオススメできます。

日々の学習から大学合格、さらにはモチベーションの維持まで徹底的にサポートしてくれるでしょう。

また、高3生に至っては28個に分かれているというくらいコースが豊富なので、誰にでもぴったりなコースが見つかり、自分に合った学習ができます。

 

まとめ:No.1はどれ?

ここでご紹介している教材は3社とも非常に高い評価を受けています。

強いておすすめを言うのであれば、利用者数No.1で、かつコースが豊富、紙教材とタブレットの併用ができるという利便性を考慮すると「進研ゼミ」がベストといってよいでしょう。

 

3社とも無料お試しを使って判断しよう

ここからの判断はご本人との相性の問題になってくるので、実際に教材を試してから判断することをおすすめします。

現在は各社とも、無料体験など特徴を把握できるキャンペーンを行っているので、実際に使ってみて判断してくださいね。

 

進研ゼミ 公式サイト

 

スタディサプリ 公式サイト

 

Z会 公式サイト

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

教育Q|目標達成のための学習塾・教材選びのお役立ち情報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

教育Q|目標達成のための学習塾・教材選びのお役立ち情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

小学校教諭の妻を持ち、自身も学習塾の講師として10年の経験を活かして、現在は教材・勉強・塾に関するウェブメディアの編集長として活動しています。

2児の父として、子育てにも日々奮闘中!受験に奮闘する学生さんや、その親御さんに少しでもお役にたてるように、質の高い情報をご紹介していきますね!

この人が書いた記事

  • 受験に最強の教材!スマイルゼミが中学3年生に選ばれるようになっている最大の理由とは

  • 中学1年生の学習にスマイルゼミが評判の理由|おすすめできる人、できない人の違いとは

  • スマイルゼミが中学2年生の勉強に最適な理由|デメリットと評判、特徴を徹底解説

  • スマイルゼミ小学3年生の特徴や費用!タブレットで学ぶメリット・デメリットをご紹介

関連記事

  • 「Gambaエース 小学生」は低価格で高品質!?その7つの評判に迫る

  • 【体験談】小4男子にスタディサプリ小学講座とチャレンジタッチを両方使ってみた結果!

  • 【体験談】評判のZ会 ハイレベルコースを使ってみた結果|塾なしの中学受験は難しいと感じた理由

  • 【受験は戦えない!?】スタディサプリ高校・大学受験講座の評判と特徴のすべて!

  • 公文式 通信学習の特徴・評判を徹底解説!他社教材や教室よりメリットはある??

  • 【体験談】進研ゼミ中学講座のメリットデメリット|塾通いとどちらを選ぶ?