1. TOP
  2. チャレンジタッチ1ねんせいの3つの特長!おすすめの理由とお得な最新キャンペーン

チャレンジタッチ1ねんせいの3つの特長!おすすめの理由とお得な最新キャンペーン

2020/11/26 通信教育
この記事は約 15 分で読めます。
チャレンジタッチ1ねんせい

この記事では、

  • チャレンジ1ねんせいでは、デジタル教材の「チャレンジタッチ 1ねんせい」がおすすめの理由
  • デジタル教材の「チャレンジタッチ 1ねんせい」の3つの特長
  • 「チャレンジタッチ 1ねんせい」をお得に申し込む方法(最新キャンペーン情報)

の順に解説します!

 

この記事を最後まで読んでいただければ、

「コロナで大変な状況の中でも、お子さんが勉強に前向きに取り組める」

「小学1年生になって、毎日勉強する習慣ができる」

「親御さんも、お子さんの学習状況が毎日自動的に把握できる」

そんな「チャレンジタッチ1ねんせい」の魅力がわかり、小学校入学への学習準備の最強のお供となるはずです。

 

現在のキャンペーン情報

・3月31日までに申し込むと、2021年2月〜3月の受講費が無料で先取り学習が始められる

・2021年4月25日までに申し込むと、「受講月数に関わらずタブレット代金0円。(返却も不要)」

・2021年2月28日までに申し込むと、入会特典の「入学直前!学習準備ボックス」が届く

 

この3つのキャンペーンを同時に受けるためには、

「2021年2月28日までに申し込む」

というのが条件です。

「申し込みを忘れてキャンペーンが受けられなかった」

ということがないように、申し込みを検討されている方は早めに申し込むことをおすすめいたします^ ^

>入会の申し込みはこちらから<

 

チャレンジ1ねんせいの基本情報

まずは、「チャレンジ1ねんせいの基本情報」からチェックしていきましょう。

対象 現在年長のお子さま
→小1・4月号の先行予約
受付時期 年長の5月~小学校に入るまでの3月まで
届くもの:2回お届け

・入会申し込み後:入会特典の「入学直前!学習準備スタートボックス」が届く

・2021年の3月末:小1・4月号の教材が届く

選べる学習法

・紙中心の学習法<チャレンジ1ねんせい>

・デジタル中心の学習法<チャレンジタッチ1ねんせい>

受講費

・12か月分一括払い:月あたり 2,980円(税込)

・6か月分一括払い:月あたり 3,300円(税込)

・毎月払い:月々 3,680円(税込)

 

※紙学習とタブレット学習の受講費は同じ
※受講費の支払いは4月号の教材お届け後

上記の中で、「選べる学習法」に注目していだだきたいです。

下記の2種類の学習法から選ぶ必要があります。

 

紙中心の学習法<チャレンジ1ねんせい>

・デジタル中心の学習法<チャレンジタッチ1ねんせい>

 

筆者としては、圧倒的に

「デジタル中心の学習法<チャレンジタッチ1ねんせい>」

を選ぶことをおすすめしています。

 

「デジタル中心の学習法<チャレンジタッチ1ねんせい>」をなぜおすすめするのかを、

チャレンジタッチ1ねんせいの3つの特長を紹介しながら解説していきます。

 

チャレンジタッチ1ねんせいの特長①:「お子さん1人1人に合わせた学習プランの提案・管理をしてくれる」

チャレンジタッチ1ねんせいの、 1つ目の推しポイントとして、

「お子さん1人1人に合わせた学習プランの提案・管理をしてくれる」

というものがあります。

具体的にどんなことをしてくれるのかを一緒にチェックしていきましょう。

 

学力の目標や学習状況のデータをAIが分析してくれる

  • 正答率
  • 毎日の進み具合
  • 目指す学力
  • 学習量
  • 教科書のタイプ

をAIが毎日診断してくれて、「お子さんに今1番合う学習プランを作成してくれる」ので、学習プランをお子さん自身や親御さんがわざわざ立てる必要がございません。

また、「塾・学習教室・通信教育の学習法において小学生利用者数NO.1」の進研ゼミですから、日本で一番小学生の学習データを持っているといってもいいでしょう。

多くの生徒さんのデータがあることで、「こういう子には、こういう学習プランが合う」という精度がかなり高いので、学習の管理をお任せするのに安心感もあります。

 

⬇︎AI個別学習プランについての説明動画⬇︎

 

レベル・量のUPを追加受講費不要でできるから、お財布にも優しい

追加受講費不要

 

先ほどの、「AIが学習データを分析してくれる」という話を関連するお話です。

  • 正答率
  • 毎日の進み具合
  • 目指す学力
  • 学習量
  • 教科書のタイプ

などを分析データに応じてAIは、

・毎日のオススメレッスン

・レッスン数

・レッスンレベル 

を自動的に変えてくれます。

 

例を出すと、

「タブレットが演習量を増やしてくれる」

「発展・応用レベルの問題を増やしてくれる」

という対応を自動でしてくれます。

 

基礎が固まっていない生徒さんには演習量が必要ですし、目指す学力が高い生徒さんには発展・応用問題に挑戦する機会が多い方がよいですよね。

自動的に出題してくれるので、毎日の学習に取り組むだけで、基礎学力が固められるし、応用問題が自然と解けるようになるでしょう。

この”学習管理”の部分が、今までの進研ゼミではできていなかった部分だと思います。

今までは、親御さんが答え合わせをすることで、生徒さんのレベルを把握して、発展問題を多くするコースに変更したりする手間がかかっていました。

「親御さんの学習管理の手間もかからず」

「管理の精度も親御さんがするより高くなった」

そんなチャレンジ1年生は、1度試してみると、「昔の進研ゼミとはイメージが変わった」という親御さんも多いようです。

 

毎月の赤ペン先生で”記述力”もUP

赤ペン先生

こちらはおなじみの赤ペン先生ですが、チャレンジタッチ1ねんせいでも毎月取り組む機会があります。

※「赤ペン先生のもんだい」は毎月配信されます(実力診断テストをお届けする12・3月を除く)。専用タブレットに配信され、専用タブレットから提出します。
※「ゼミ」受付後、最短翌日~3日を目安に、専用タブレットに返信がきます(日曜・祝日除く)。郵送の返信はできません。
※サービスの内容は変更になる可能性があります。

 

生徒さんの良いところをたくさん褒めて、さらに「ここはもっと伸びる」というポイントを個別にアドバイスしてくれます。

温かみのある手書きのメッセージは、「次も褒めてもらおう」とお子さんのやる気につながります。

小学1年生から赤ペン先生に取り組むことで、将来にもつながる記述力を自然と養えるのも嬉しいポイントですね。

 

年に2回の全国規模の実力テストで、学習到達度を把握できる

全国規模の実力テスト

 

チャレンジ1ねんせいでは、年に2回(12月・3月)全国規模の実力テストがあります。

このテストを受けることで、

「全国の小学1年生と比べて、どこが得意でどこが苦手なのか」

をしっかりと把握することができます。

テストを受けた後には、

「1人ひとりに学習アドバイスと復習ドリル」

がもらえるので、苦手をしっかりと克服し、得意を伸ばせる学習をすることができます

 

チャレンジタッチ1ねんせいの特長②:ひとりでやる気を持って取り組み続けられる仕組み

チャレンジタッチ1ねんせいの、 1つ目の推しポイントの、

「お子さん1人1人に合わせた学習プランの提案・管理をしてくれる」

の詳細について紹介してきました。

 

続いて、チャレンジタッチ1ねんせいの、 2つ目の推しポイントの、

「ひとりでやる気を持って取り組み続けられる仕組み」

について、具体的にどんなことをしてくれるのかを一緒にチェックしていきましょう。

 

問題読み上げ&自動採点で、間違えた問題もすぐ復習できる

自動採点

チャレンジタッチ1ねんせいでは、

「問題の読み上げ→問題を解く→自動採点すぐに復習

という流れで学習を進めていきます。

この自動採点ですが、

「採点を自動でやってくれるなんてありがたい、親として採点をする手間が省ける」

と喜ぶ親御さんもいらっしゃるのですが、本当にすごいポイントはここではありません。

 

本当にすごいのは、

「自動で採点をしてくれた後に、すぐに復習に取りかかる仕組みがあること」。

つまり、

”おこさんが問題を間違った後に、絶対に復習をする習慣を作れる”ことにあります。

 

実際、小学生だけでなく大人にも当てはまる方が多いと思うのですが、とにかく面倒臭いこと(復習)って後回しにしてしまうことが多いですよね。

「後からすればいいや」と復習を後回しにして、結局復習をいつになってもせずに、もはや間違えたことすら忘れてしまうことが多いです。

筆者の私も、小学生のときは特にそうでした(汗)。

 

結局、

「テスト前に一気に復習しなければいけない」

「復習するところが多すぎて、やる気がなくなる」

「結局、復習を全部できずに、テストに臨む」

「テストで悪い点数を取る」

という負のループが始まり、そのループは中学・高校生になっても”習慣”として続いてしまった覚えがあります。

 

「絶対に復習をする」という良いループを小学1年生の頃から作れることで、

本当の意味で「お子さま1人で学習を進められる習慣が確立する」ということができます。

その1歩目として、チャレンジタッチ1ねんせいの自動採点から、学習習慣を作り始めることは、かなりおすすめできる選択肢です。

⬇︎「問題を解く→自動採点→復習」の流れ⬇︎

 

努力ポイントを商品と交換できるからやる気が出る

ここまで、チャレンジタッチ1ねんせいの、

  • お子さん1人1人に合わせた学習プランの提案・管理
  • 「自動採点→復習」の学習習慣ができる仕組み

の魅力についてお話ししてきました。

上記のポイントは、

「生徒さん1人1人の得意を伸ばし、苦手を克服する」

素晴らしい学習の仕組みです。

 

ただし、1つ問題があると個人的には思いまして…

それが、

「そもそもお子さんが、チャレンジタッチでの学習に実際に取り組まないと、上の仕組みも全く意味をなさない」

ということです。

 

どんなに学習の教材・仕組みがよくても、取り組まないと学力も上がらないし、学習習慣ができないのは当たり前ですよね?

特に、小学1年生ですから…やっぱりご褒美(見返り)がないと、なかなか勉強はしたくないという子も多いです。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、チャレンジタッチ1年生では、

「勉強に取り組めば取り組むほど、ポイントがたまり、魅力的な商品と交換できる」

という仕組みがあります。

 

※上記のプレゼントは、2020年度の賞品です。努力賞の内容・デザイン・名称・交換期限などは変わることがあります。「チャレンジ1ねんせい」4月号以降より交換できます。
※努力賞には交換期限がございます。受講開始月によっては、賞品交換期限までにポイントが希望の賞品の交換数に達しない場合もあります。
※努力賞プレゼントカタログは、「チャレンジ1ねんせい」4月号の教材といっしょにお届けします。
※申し込みの際は、必ず「努力賞プレゼントカタログ」を事前にお読みください。

参照元:https://sho.benesse.co.jp/new1/touch/

 

「努力をすればご褒美がもらえる」

ここに関しては、家庭によって教育の方針で良しとするかどうかは変わるでしょうが…

筆者個人的には、この方針を取る方が、

勉強に前向きに継続的に取り組むお子さんが多いように感じます。

 

もし、「努力をすればご褒美がもらえる」という方針を取るつもりなら、チャレンジタッチいちねんせいを選ぶのを親御さんに対してもおすすめできます。

毎回毎回、親御さんがご褒美を考える手間も省けてしまいますから。

 

チャレンジタッチ1ねんせいの特長③:親御さんが毎日の学習記録を把握できる

ここまで、チャレンジタッチ1ねんせいの

  • 1つ目の推しポイント:「お子さん1人1人に合わせた学習プランの提案・管理をしてくれる」
  •  2つ目の推しポイント:「ひとりでやる気を持って取り組み続けられる仕組み」

について、ご紹介してきました。

上記の2つの魅力は、お子様にとって嬉しい仕組みでした。

 

チャレンジタッチ 1ねんせいには、

親御さんも、お子さんの進捗を常に把握することができる

という、親御さんにとっても嬉しいポイントがあります。

具体的な内容を紹介していきますね。

 

お子さんの取り組み内容・到達度を毎回メールで確認できる

学習到達度

 

お子さんが、チャレンジタッチでレッスンを受けるごとに、その取り組み内容・学習到達度が保護者メールに送られてきます

自分のお子さんが、

  • 今何を学習しているのか
  • どこが得意でどこが苦手なのか
  • 成績課題の提出状況
  • 単元別の進捗状況

を自動的に確認することができます。

 

毎日家に変えるごとに、

「何を勉強してるの?」

「どのくらいの時間勉強したの?」

なども聞かずに把握できるのも嬉しいですね。

 

毎日毎日、親から「勉強したの?」って確認されることが嫌で、勉強自体が嫌いになることもありがちですからね。

この仕組みだと、日々の学習状況を確認して、本当に声をかけるべきタイミングだけに声をかけてあげることもできますから。

 

親子メールのやりとりで、毎日のほめ・励ましができる

親子メール

これは、日々の親子のコミュニケーションにおいて良いなぁと思ったポイントですが…
 
お子さんがレッスン取り組み終わり、保護者さんにお知らせメールが届いたら、
 
勉強に取り組んだお子さんに対して、
 
「今日も頑張ったね!」
 
メッセージやスタンプでがんばりをほめることで、お子さまのやる気を高められます。
 
イラスト付きの可愛いメーセージを送り合うことができるので、コミュニケーションも味気ないものではなく、「本当に頑張ったね!」と伝えられるものになってて良いですね。
 
 

【期間限定】今入会すると、かなりお得度も高いです

ここまで、チャレンジタッチ1ねんせいの3つの特長をご紹介してきました。

  • 1人1人のお子さんに最適の学習プランを提案し、学習管理もしてくれる
  • お子さんの学習習慣を小学1年生から作ることができる
  • 親御さんも、お子さんの進捗を常に把握することができる

という魅力を余すことなくお伝えしたつもりですが、しっかり伝わっていれば筆者としても嬉しいです。

 
上の3つの特長がある時点で、「チャレンジタッチ 1ねんせい」はかなりおすすめできる選択肢なのですが、
 
さらに、今申し込むと「お財布にもかなり優しい」状況になっているようです。
 
こちらは、期間限定のキャンペーンによるものです。
 
いまの年長さんが、早めに申し込むのにお得な状況になっています。
 
詳しく解説していきますね。
 
 

2021年2月~3月に申し込むと、追加受講費不要で入学準備できる!

 

2021年4月に小学校に入学する生徒さんが、「2021年2月〜3月」に申し込むと、

「2021年2月〜3月の受講費が無料で、チャレンジタッチでの学習を先取りですることが可能」

です。

※支払は2021年4月号到着後~

 

ポイント

・支払いは2021年4月号の教材到着後(2021年3月末)

・申込受付後7日前後で入会特典の「入学直前!学習準備ボックス」が届く。(追加料金不要)

・学習専用タブレットも先行でお届け。(追加料金不要)

・入学準備期間は毎週月曜日に新しい学びが配信される

 

「2020年12月〜2021年3月の入学準備プログラム」はこんな感じです。

小学校入学前から、「国語・算数」だけでなく「英語・プログラミング」を先取りして勉強することができるのは、嬉しいポイントですね。

こちらの入学準備の期間で、

  • チャレンジタッチ1年生で学習習慣が身につくかどうか
  • チャレンジタッチ1年生が、自分の子に合っているかどうか

を見極める期間にするのもよいでしょう。

 

2021年4月25日までに申し込むと、タブレット代が無料!

タブレット代無料

2021年4月25日までに、4月号から「チャレンジタッチ1ねんせい」の受講をお申し込みの方限定で、

「受講月数に関わらずタブレット代金0円。(返却も不要)」

の新1年生入学お祝いキャンペーンも行われています。

 

  • タブレット代金が無料なのは4月号の申込者限定(※現在申し込み受付中)
  • 2020年2月〜3月の受講費が無料で、チャレンジタッチでの学習を先取りですることが可能

ですので、

チャレンジタッチ1ねんせいを始めたい方は、早めにお申し込みされるのをおすすめしております。

 

2021年2月28日までに申し込むと、入会特典の「入学直前!学習準備ボックス」が届きます!

さらに、2021年2月28日までに申し込むと、入会特典の「入学直前!学習準備ボックス」が届きます。

ボックスの内容は、チャレンジ1年生の公式サイトでチェックしてみてくださいね!

 

 

現在のキャンペーン情報

・3月31日までに申し込むと、2021年2月〜3月の受講費が無料で先取り学習が始められる

・2021年4月25日までに申し込むと、「受講月数に関わらずタブレット代金0円。(返却も不要)」

・2021年2月28日までに申し込むと、入会特典の「入学直前!学習準備ボックス」が届く

 

この3つのキャンペーンを同時に受けるためには、

「2021年2月28日までに申し込む」

というのが条件です。

 

今年は、コロナで日本中のお子さん・親御さんも大変だということもあり、

お子さん一人一人に学習機会を与えられるようにかわかりませんが、

例年以上にキャンペーンが豪華になっております。

 

「申し込みを忘れてキャンペーンが受けられなかった」

ということがないように、申し込みを検討されている方は早めに申し込むことをおすすめいたします^ ^

>入会の申し込みはこちらから<

\ SNSでシェアしよう! /

教育Q|目標達成のための学習塾・教材選びのお役立ち情報の注目記事を受け取ろう

チャレンジタッチ1ねんせい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

教育Q|目標達成のための学習塾・教材選びのお役立ち情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

編集長

編集長

小学校教諭の妻を持ち、自身も学習塾の講師として10年の経験を活かして、現在は教材・勉強・塾に関するウェブメディアの編集長として活動しています。

2児の父として、子育てにも日々奮闘中!受験に奮闘する学生さんや、その親御さんに少しでもお役にたてるように、質の高い情報をご紹介していきますね!

この人が書いた記事

  • 進研ゼミ高一講座202102

    進研ゼミ高校講座(高一講座)の特徴・料金!高校入学前から良いスタートダッシュが切れる理由とは?

  • 進研ゼミ中二講座202102

    進研ゼミ中学講座(中学2年生)の特徴・料金!2021年4月号から始まるブレンディッド学習の魅力とは?

  • 進研ゼミ中学講座キャンペーン202102

    【2021年4月号 最新キャンペーンまとめ】進研ゼミ中学講座に今入るのがベスト?

  • 進研ゼミ高校講座202102

    進研ゼミ高校講座の特徴!アプリとテキストを組み合わせた最強の学習法とは?

関連記事

  • 進研ゼミ中二講座202102

    進研ゼミ中学講座(中学2年生)の特徴・料金!2021年4月号から始まるブレンディッド学習の魅力とは?

  • 従来の教材とは一味違う「すらら」の評判と特徴|対話型アニメーションの実力とは!?

  • 【体験談】z会幼児~小学5年生まで続けてみた結果!z会で中学受験は不十分!?

  • 【体験談】親が忙しいと進研ゼミプラス小学講座は使えない?多忙な親と通信教材の相性

  • 【体験談】z会小学生コース3年生ハイレベルを実際に使ってみて|地域による学力の差がないのが良い!

  • 【体験談】進研ゼミプラス小学講座|チャレンジタッチなら子供も自発的に勉強する?