1. TOP
  2. 【決定版】フォニックス学習に最適なアプリはこれだ!無料・有料別におすすめをご紹介します

【決定版】フォニックス学習に最適なアプリはこれだ!無料・有料別におすすめをご紹介します

2018/06/15 英語学習
この記事は約 9 分で読めます。

そもそもフォニックスって何?って思われる方も多いと思います。

フォニックスとは、ネイティブの子供が英語を勉強するための指導方法のことで、スペル(綴り)と発音の間の規則性を明らかにして、英語の正しい読み方を身に着けるための勉強方法です。

この記事ではフォニックスアプリを使って英語の勉強をする際のメリットとデメリットを解説しています。

アプリには無料で使えるものから有料のものまで様々なので、この記事を読んでアプリを選ぶ時の参考にしてくださいね。

 

フォニックスをアプリで勉強するメリット・デメリット

アプリを使って勉強するメリット、デメリット、理想的な勉強法について取り上げます。

 

アプリを使って勉強するメリット

フォニックスの勉強において、耳で聞いた音とアルファベットを一致させていく作業は、まさにスポーツのようなトレーニングです。繰り返し何度も音を聞き、自分の体に染み込ませることが必要です。それを効率よくできるのが、アプリです。重い書籍を持ち運ぶ必要がなく、DVDプレイヤーも必要ありません。無料~低価格で入手でき、空いた時間にサクッと勉強できるのも、アプリのメリットです。

 

種類も多岐にわたり、自分の発音を録音して比較できるものなどもあり、自分のレベルや目的にあったものを選ぶことができます。

 

アプリを使うデメリット

アプリのデメリットは、そのお手軽さにあります。取り掛かり時や、隙間時間を利用して勉強したい時にはぴったりですが、じっくり段階を経て勉強したい時には、紙教材が向いています。紙教材であれば、書き込みをして自分オリジナルのものが作れますが、アプリではそういうわけにはいきません。

 

理想的な勉強法

理想的な勉強法について提案します。

 

(1)とにかく楽しく学べるものを選ぶ!

発音の練習は、本来退屈なものです。だからこそ、とにかく抵抗なく、楽しく学べるものを選ぶことが大切です。アニメーションや、歌をふんだんに使ったアプリはもちろんのこと、入門であればYou tubeの無料動画でも十分です。アルファベットカードを使ったかるた取りを、親子や友達同士で楽しみながら覚えるのもいいですね。

 

(2)小学生の場合?大人の場合??

小学生なら、上記のもの以外に、達成感を味わえるドリル形式のものを取り入れてみてください。それが、ゲームが楽しい!とはまた違った意味の楽しさを生みます。大人であっても、楽しめることは絶対条件です。フォニックスを学習するのが初めてであれば、取り掛かりは子供向けアプリなどでも十分楽しめます。基礎ができれば、さらに知りたい気持ちが高まるでしょう。

そこで書籍を使えば、段階を経たフォニックスの勉強がじっくりできます。小学生のドリル同様、アニメーションが楽しい!とはまた違った楽しみを実感することが可能です。

 

このように、年齢にあわせて、単調な発音練習を楽しく積み重ねていくのが、理想です。

 

タイプ別|おすすめアプリ

おすすめアプリについて、タイプ別にみてみましょう。

 

無料アプリ

まずは、無料アプリを2つご紹介します。

(1)「楽しいABCフォニックス」

楽しいABCフォニックス

料金

A~Dまで無料 ※E~Zまで課金

音声

利用可能端末

iPhone/iPad、Android

対象年齢

3歳以上

特徴

入門として最適

App Storeからダウンロード

Android版をダウンロード

 

◎概要と、強み

フォニックス童話アニメーション26話を通して、A~Zまでのアルファベットと単語、アルファベットの基礎となるフォニックスを楽しく学ぶことが可能です。親しみやすいデザインと説明で、発音学習が苦手な人でも抵抗なく始められます。

 

◎弱み

課金しないと、アルファベットの最後まで遊ぶことが できません。すぐに課金画面が出るので、お子様に渡しっぱなしにしておけない点が、難点です。

 

 

(2)「Kids vs Phonics」

Kids vs Phonics

料金

各レベルの最初のレッスン無料

音声

利用可能端末

iPhone/iPad、Android

対象年齢

3歳以上

特徴

言語・・英語

App Storeからダウンロード

Android版をダウンロード

 

◎概要と、強み

レッスンには、10のレベルがあり、合計数は55本以上です。どのレッスンにも、ビデオ、本、クイズ、歌があります。各レベルの最初のレッスンへの無料アクセスが、可能です。デザインが明るくカラフルで、子供の目を引く、幼児の発音学習を始めるきっかけとなる楽しいアプリです。使われている言語は、英語です。大人でも楽しめます。

 

◎弱み

歌に歌詞がないのが残念です。自分の声を録音して確認できるような機能がついていると、なお良いです。

 

有料アプリ

次に、有料アプリをご紹介します。

 

(1)「ポケットフォニックス」

ポケットフォニックス

料金

360円

音声

利用可能端末

iPhone/iPad

対象年齢

4歳以上

特徴

入門として最適

App Storeからダウンロード

 

◎概要と、強み

フォニックスの基礎をトレーニング、似た音聞き分けトレーニング、音の足し算、サイレントe

と分かれていて、フォニックスを基礎から完成まできちんと学べます。チャンツ、解説動画、アニメーションなどがふんだんに使われていて、とてもわかりやすいです。

 

◎弱み

発音を基礎から学び直したい大人の方でも使えますが、少し退屈に感じるかもしれません。

 

(2)「Phonic Genius」

Phonic Genius

料金

120円

音声

利用可能端末

iPhone/iPad

対象年齢

6歳以上

特徴

言語・・英語

App Storeからダウンロード

 

◎概要と、強み

フォニックスの発音を聞きながら、フラッシュカードでルールを自然に学ぶことができるアプリです。6000以上の単語が、フォニックスの音に合わせてグループ分けされていて、英語ネイティブの子供が英語を学ぶために作られているので、内容も本格的です。自分の発音を録音して比較することもできます。大人の英語学習者の方にもおすすめです。

 

◎弱み

読み方を音声で聞くだけのフラッシュアプリなので、日本語訳まで覚えるといった使い方はできないのが難点です。

 

その他

フォニックスアプリではありませんが、発音を効果的に学習できるアプリを2つご紹介します。

 

(1)「発音博士」

発音博士

料金

無料

音声

利用可能端末

iPhone/iPad

対象年齢

中学生(初級者)~

特徴

録音して練習

App Storeからダウンロード

 

◎概要と、強み

ネイティブのお手本の音声を聞いた後、マイクに向かって繰り返します。すると、自分の発音が採点されます。

同時に、単語を細かく区切って間違っているところを確認したり、発音記号とともに問題を見ることができます。ダメだった点を明確に採点してくれるので、効率よく自分の弱点を知ることが可能です。自分の発音を録音し、耳で聞いて客観的にチェックできるのも嬉しい点です。

 

単語は、比較的易しく、日本人の苦手な単語や、日常でよく使う基本的な単語が集めてあるので、効率よく、初級者の方にも安心です。

 

◎弱み

単語は充実していますが、海外旅行や日常生活でよく使うフレーズがありません。

 

(2)「ELSA Speak」

ELSA Speak

料金

無料

音声

利用可能端末

iPhone/iPad、Android

対象年齢

高校生(中級者)~

特徴

録音して練習

App Storeからダウンロード

Android版をダウンロード

 

◎概要と、強み

自分の発音に素早くフィードバックを返してくれるので、チェックしながら進めていくだけで「l」と「r」、

「b」と「v」など苦手なポイントを効率よく克服できます。学習が進むとレベルアップしていくので、ゲーム感覚で練習が可能です。自分の好きなフレーズを作って練習できるので、実用的なフレーズの発音練習ができます。実際に英会話をする前の練習としても最適です。

 

◎弱み

日本語訳がないので、中学レベルの文法知識は必要です。初級者の方には、難しく感じるかもしれません。

 

アプリを使った効果的な学習方法

アプリの良さは、音や映像を通して、手軽にいつでもどこでも学習できる点にあります。また、一方通行でなく、例えば発音練習であれば、録音して手本の音と比較したり、採点してもらったりできるものもあります。さまざまなアプリがあるので、その中で自分に合うものをみつけて、隙間時間をうまく利用し、自分のペースで積極的に使ってみてください。

 

まとめ

本来、発音練習とは単調で退屈なものです。それを、楽しみながらできるように、音や映像を使って飽きさせないよう工夫されているアプリがたくさんあります。アプリの良さは、そのお手軽さにあります。発音練習の

取り掛かり時や、隙間時間の有効活用にはぴったりです。ぜひ、自分の用途にあったアプリを英語学習に取り入れてみてください。

 

英会話学習は複数の教材を比較して選ぶのが鉄則!

今回はフォニックス学習についてお話ししました。

多くの方の英語学習の最終目標は、英語でコミュニケーションをとることだと思います。

当サイトでは他にも人気の英会話教材や英会話スクールについて詳しく解説しています。

各社の特徴から無料体験などの情報まで、詳しくご紹介しています。

 

英語学習は続けることが最も重要で、そのためにはあなたに合った教材を見つけることがポイントになります。

なので複数の教材・スクールを比較して、最も良いものを選ぶことが大切です。

下記の記事から、あなたにぴったりのものを見つけてみてくださいね。

 

人気の英会話教材や英会話スクールについてこちらで解説しています。

\ SNSでシェアしよう! /

教育Q|目標達成のための学習塾・教材選びのお役立ち情報の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

教育Q|目標達成のための学習塾・教材選びのお役立ち情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

kyouiq-admin444

この人が書いた記事

  • English Trackerは評判通り英会話力がつく?集中型トレーニングの効果とは

  • オンライン英会話「BIG EASY」って評判は良い?フィリピン人講師のメリットとデメリットとは

  • 人気英会話教室「スタートアップイングリッシュ」の評判とは?他社スクールとの違い、デメリットまとめ

  • 「ALUGO」で本当に英会話力は身につく?マンツーマントレーニングの魅力とは?

関連記事

  • ウェブショウイン(ネット松陰塾)ってどんな塾?学校の成績は本当に上がるのか評判チェック!

  • 「トライズ」の1000時間学習でホントに英語は身につくの!?弱点と教室の特徴を解説します!

  • LOBiのオンライン英会話スクールってどんなサービス?評判・特徴まとめ

  • 色んな言語が学べるカフェトークの評判は微妙?他社教材のほうが良い?

  • 「QQ English」で英会話はできるようになる?大手スクールとの違い、メリットとデメリットを徹底比較

  • 学研のオンライン英会話「kimini英会話」で英語力はつく?料金・特徴・メリットを徹底解説